2020年12月3日木曜日

つなぎ文編【仕事で英語を使う人のための英文・英語・英語eメールを作成】

< 文の目的別 >

文と文のつなぎ (いろいろな表現は下)


しかし、~         
 But,~   Butは、主に話す時に使う、文章ではHowever,~

したがって、~     
  So, ~    Soは口語、thusやthereforeは書き言葉

それまでの間に、~  
  Meanwhile, ~

例) 社長が演説している間、その妻は学校を訪れていた

The president was giving a speech. Meanwhile his wife was visiting a school.

別の言い方> The president was giving a speech while his wife was visiting a school.

whileとMeanwhileの違い>同じような場所での同時状況説明にはwhile、まったく違う場合の状況ならばMeanwhileがいい

ここでは、~          
 At this moment, ~

~ 、ところで、~       
~, By the way, ~

もしよかったら、~です。 
 If you like, 文~ 
例) If you like, you can take it.

又は、 You can take it, if you like.でもいい。

(~)、それはいいね。でも、~  
 That would be great, but ~

結局、~               
 After all, ~

(相手の言ったことに受けて) それに関しましては、~ 
 For that, ~

要するに、~です。   
 In short, ~ /  In a nutshell, ~ /  In a word, ~

具体的にいうと、~   
 Specifically, ~

簡単に言うと、~    
 Stated simply, ~

えーっと、~       
 Well, ~       「おや、おや、おや」はWell, well, well

ところで、~       
 By the way, ~

えーっと、~        
Let me see, ~

(ですか?) そうですねー、~ 
 Let's say, ~

例えば?         
 Like what ?

ご存じのように、~   
 As you know, ~

すいませーん、 ~   
 Excuse me!, ~

私の意見としては、~  
 In my opinion, ~

~、すなわち、~     
That is, ~

問題は~だ。  
The thing is +文.      例)The thing is I can not speak English. 問題は、私が英語を話せないことだ

とにかく、          
Anyhow, ~

たとえば、        
For example, ~

~。つまり、~だ。   
~。I mean, ~。

たぶん、私が思うに、~  
 For all I know, 文章~

おそらく、~     Probably,~(確実に)> Maybe,(半々)> Perhaps, (なることもある)> Possibly,(ひょっとして)

ここでは、~         
 At this moment, ~

ご指摘のように、      
 As you pointed out, ~

あのー、そのー、~。     
Well, you know, ~

いずれにしても、~     
Anyway,~

試しに、~        ~ on trial  

例)He took the car on trial. 彼は試しにその車に乗ってみた。

予想した通り、~    
Predictably, ~

はっきりしないが、~    
Allegedly, ~

残念ながら、~      
Unfortunately,~

幸運なことに、~      
Luckily,~

驚いたことに、~      
Surprisingly enough, ~

疑うことなく、~      
Undoubtedly, ~

幸い、~          
Fortunately,~

一般に認められているように、~   
Admittdedly,~

奇妙なことに、~      
Strangely enough, ~

興味深いことに、~     
Interestingly enough, ~

報告によれば、~       
Reportedly,~

信じられないことに、~      
Incredibly,~

結論から言いますと、~     
  To come right to the point, 文章

よく分からないけど、~だ。    
  I can't say for sure, ~

~というわけではないけれど、~ 
  Not that +文、~

例) 私が彼を嫌いというわけではなく、やらなければならない仕事があるんです。

 Not that I don't like him. I have some work to do.

<いろいろな表現>

11月中旬に、アメリカで消防士がストライキを行った。
Firefighters went on strike in U.S. in mid-November.

午前7時ぐらいに食事を取る               
 eat at around 7 a.m.

4月18日から5月17日までの期間は、会社が連続3日以上休みになります。
 During the period from April 18th to May 17th, companies will be closed for more than three consecutive days.

本当はメダルを表彰台で受け取りたかった」と彼は述べた。
"To be honest,I wanted to receive the medal on the podium," he said.

英語論文作成のチェックポイント集(例文、文例、書き方、査読対応)

 英語論文は、”論文”と思わないで「口頭発表の英語原稿」を作る感じで書くこと。 論文修正なんて、当たり前。 英語論文作成用Native例文、ネイティブ例文に戻る 目次> -------------------------------------------- 1. 論文作成中のチ...